profile
院長 上田紘史

ヒロデンタルクリニック
アリス箕面


院長 上田紘史 [趣味]ゴルフ、野球
診察内容や、診察時間、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 夏の風物詩 スイカ | top | 「嚥下」とは。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
尼崎と伊丹と箕面の合同研修会。
尼崎のいぶき歯科医院と伊丹の小屋歯科医院とヒロデンタルで合同研修を行ってきました。
開業医レベルで医療機関・介護施設と連携し、地域の嚥下を支えていこうと志している歯科医院です。いぶき歯科医院は私の古巣ですし、小屋先生は昔からの伊吹理事長の山友達で交流はずいぶん前からあったのですが。
研修会の場所は箕面山荘の「風の杜」という施設でこの箕面の地が一望できる素晴らしい景観を兼ね備えた場所でした。
研修会初日の16時くらいの写真です。沖縄に台風が接近しており関西もどんよりした天気でした。
 
この後研修室に行き、いぶき歯科医院 伊吹理事長から鼻咽腔内視鏡の歴史について30分講演がありました。
数十年前アメリカ アイオワ大学音声言語学科准教授として活躍されていた伊吹先生は実は鼻咽腔内視鏡開発に携わっておられ鼻咽腔内視鏡論文のposition paperにご自身の名前が上がるほどの先生です。
いろんな苦難を乗り越え現在の内視鏡が世に出回ったそうです。
次にいふき歯科医院 三浦院長より最近保険適応になりました小臼歯部の白いかぶせ物(CAD/CAM冠)について話があり
次いで、3月まで大阪大学 顎口腔機能治療部で仕事をされ4月よりいふき歯科医院 医長に就任された中村先生より、いぶき歯科医院外来で行っている睡眠時無呼吸症候群の治療(内視鏡下で下顎の位置と気道の広がり方を調べて口腔内装置を作製)について講演がありました。
普段、先生が何を診てどう考えて治療しているかを教えていただきました。
ついで私は口腔ケアを実践していく中で、単純に掃除をするのではなくてどういう方が肺炎を起こしやすく、口腔ケア・リハビリを行うとなぜ肺炎予防になるのかを講演させていただきました。
「口や喉への刺激が脳の大脳基底核黒質線条体に伝わり、substance.Pが産生されその物質が舌咽神経・迷走神経(舌・喉の感覚支配)を伝い嚥下反射と咳反射を誘発するため」といった内容を話してみました。
合計で2時間少しの講習があり、食事へと移って行きました。
普段、伊丹で嚥下障害に携わり多くの方の食事指導をされている小屋先生にお言葉を頂戴し乾杯の音頭をとっていただきました。

「食医」という言葉が大好きで心から一人でも多くの方が口から食べられるように日々頑張っておられる先生でいつも熱い思いを聞かせていただいています。

総勢22名で行われた研修会でした。一人ひとりが往診で患者様と接している中で感じること、各々が口腔ケア、嚥下トレーナーとして大切にしていることを共有する非常に有意義な時間でした。

向かって左側から、いぶき歯科医院 伊吹理事長、私(随分大きくなりました)、大阪大学 第一補綴 小林先生(大学時代からの野球部の大先輩です。)とのスリーショット。

いつも一人ひとりが切磋琢磨し一人でも多くの方が安全な食の営みを実現でき、健康に過ごしていけるよう頑張っているチームです。

宴会も終わり翌朝(6時くらいです。)すっかり晴れて非常にきれな景色でした。(ヒロデンタル見えました。)
この景色を前に私はこの地域の方々の食の営みの一助を担う決心を再確認いたしました。
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 09:33 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 09:33 | - | - | pookmark |
Comment