profile
院長 上田紘史

ヒロデンタルクリニック
アリス箕面


院長 上田紘史 [趣味]ゴルフ、野球
診察内容や、診察時間、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 新しい看板どうでしょうか? | top | 中馬病院のNSTメンバーと。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
大学の歓迎会にいってきました。
我が母校の顎口腔機能治療部という教室の研修医歓迎会に参加してきました。
私は卒業して宝塚市立病院 口腔外科というところで研修を行い抜歯や骨折、のう胞及び全身管理などの経験をしましたが、今年の研修医の先生(お3方)は卒業時には「歯科治療」=「嚥下治療」という考えを持っていたようで、私の時代の教育とのずいぶん変化しているのだろうと感じました。
今や新たな領域として、「口を見て喉を想像する」ことが歯科医師に求められていると思います。(勿論従来のインプラント 審美歯科も求められています。)
喉元で嚥下(飲みこみ)しやすい形にするにはどんな歯並びと咀嚼、舌の動きが必要なのだろうということです。
大学ではそんな嚥下のスペシャリストの先生方が集まってこれからの新領域の歯科医師を育てていくスタートとなる歓迎会でした。(一人の研修医の先生がやや緊張気味に挨拶をされています。)

わたしの隣には、本教室の教授、向かいには嚥下の超スペシャリストの野原先生。
泉のような知識と臨床への応用が素晴らしく、いつもヒントを頂戴している先生方です。母校である大阪大学をバックに箕面市や豊中市、吹田市などの介護施設や病院と連携し、嚥下治療や口腔リハビリ、口腔ケアなどを軸にエビデンスの高い治療を多くの患者様に提供できれば地域に大きく貢献できると思います。

私は今、勉強する書物があって、その知識を臨床に活かすヒントを見いだせる大阪大学があって、嚥下や肺炎について講習会にご参加いただける方がいて、また私を嚥下診察や治療を待っていただいている患者様がいて、そしてそれを喜んでくださるご家族がいらっしゃって、毎日が充実しています。
嚥下の勉強をし始めていつも思うことがあります。それはどの瞬間ををとっても前日の自分より今日の自分の方が勝るということです。一人でも多くの地域の方に貢献できればと今後も日々頑張っていこうと改めて感じる歓迎会でした。
 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 19:07 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | pookmark |
Comment