profile
院長 上田紘史

ヒロデンタルクリニック
アリス箕面


院長 上田紘史 [趣味]ゴルフ、野球
診察内容や、診察時間、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
緩和ケア研修会に参加してきました!

9月10日(土)、11日(日)に緩和ケア研修会に参加してきました。

(厚生労働省事業日本緩和医療学会主催 第一回病院長等幹部対象緩和ケア研修会)

(土曜日は代診とさせていただき患者様にはご迷惑をおかけしました。)

久々に新幹線に乗りました。運よく富士山が見えました。

(この後再び深い眠りにつきましたが。)

朝一番の新幹線で出発し目的地は東京品川。

とあるビルの一室で2日間みっちり缶詰状態でした。

初日は朝9時30分から19時まで。二日目は朝8時30分から16時まで。

終わり次第、すぐさま新幹線で関西へ。

こんなスケジュールの2日間でした。

内容はがん患者様の緩和についての研修会でした。

「緩和」という領域は、「末期」という時期を示すものではなく、すべての病期における「疼痛」のコントロールを示すものであるということでした。抗がん剤治療による苦痛「身体的、精神的、社会的」の除去。治療の経過の中で出現する「苦痛」、「不安」、「悪心・嘔吐」、「せん妄」をいかに除去するかという内容がありさらに、その患者様の在宅療養への切望したとき、どう実現化するか。

いかに必要多職種を巻き込んでご本人様の希望する時間の過ごし方を叶えるかという内容でした。

今回の研修をスタッフと共有し、「緩和」ケアを必要とされておられる患者様に還元できるよう

務めていきたいと思います。

来週は摂食嚥下リハビリテーション学会へ参加してきます。

患者様には度々ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

 

 

ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
勉強会をしてきました!
いつも更新できず申し訳ありません。
3月19日 午後診療を休診させていただき、数か月前よりご依頼を頂戴しておりました
川西市にある宝塚医療大学にて講演をさせていただきました。

理学療法士等の教育に軸を置いている大学でこの度、「人材育成研究会」でテーマは神経難病の在宅患者への取り組みということでした。
私はその一つとしてパーキンソン病患者の摂食嚥下についての内容を話させていただきました。

当院の訪問患者数、及び神経難病患者の占める割合、正常な摂食嚥下機能、パーキンソン病患者の摂食嚥下機能障害についてお話させていただきました。
同じく、演者としてよく連携させていただいておりますやわら訪問看護ステーションの山崎先生は筋ジス患者の機能訓練、身体介助についてでした。


受講者は主に大学の学生さんと、大学関係教員、多職種の先生方、一般参加者でした。
最後に学生及び、大学関係職員の方々と記念写真を撮影いたしました。


未来の先生方とともに地域の在宅療養されておられる方々へより充実したサポートをさせていただきたく思います。
一人でも多く、在宅を担う専門家が増えることを祈っています。
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 12:42 | comments(0) | - | pookmark |
日本神経筋疾患 摂食嚥下・栄養研究会 兵庫医療大学にて。
10月24日 私は診療所​をお休みさせていただき、日本神経筋疾患摂食嚥下・栄養研究会に参加させていただきました。
患者様、多職種の先生方にはご不便をおかけし申し訳ありませんでした。
神経内科の専門の先生方が立ち上げられたこの嚥下・栄養研究会は非常に参加者にとって
有意義で、また将来の神経難病の治療に明るい未来が見える内容でした。
朝9時30分から17時まで休憩時間は5−10分、お昼はみっちりランチョンセミナーが一時間。おいしいお弁当に内容のつまったセミナーであっという間の一日でした。
(学生時代の私からすれば考えられない過密スケジュールでした。)
大会長の野崎先生の大会あいさつ文をアップいたします。
またご講演いただいた先生方も神経難病の摂食嚥下機能を各分野の角度からの切り口で構成された内容で非常に得るものの大きな時間となりました。
やはり薬剤の服薬状況に焦点があたりました。
飲み込んだと思っていた薬剤が​​いつのまにか口腔外へはきだされていた、舌の下に紛れ込んでいた、上顎臼歯部に張り付いていた、服薬後に内視鏡にて咽頭腔に張り付いていたなどで
食道、胃、小腸へとたどり着いていない現状についてどう改善していくかというところが
最も議論になったところです。
確かに処方しっぱなしではなく、正確に服薬し吸収される部位まで到達して初めて処方の意味があるわけで吸、収されなけば現実とのかい離が起こりかえって危険な状況になるわけです。私は摂食嚥下を通じて楽しく、安全な食事の営みの獲得をkeyに考えておりましたが
今回の学術会によって学ぶべき新たな一面を知ることができました。
何枚か大会の様子をアップいたします。
座長の舘村先生(TOUCH代表理事 元大阪大学歯学部准教授)
座長 湯浅龍彦先生(鎌ヶ谷総合病院)​
来年の大会長 金藤 大三先生(国立病院機構鳥取医療センター)

今回の大会長 野崎 園子先生(兵庫医療大学)
今回の大会で得た知識、考え方、マインドを地域の患者様へ還元できるよう努力してまいりたいと思います。
 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 17:11 | comments(0) | - | pookmark |
9月12日 京都にて。
ご無沙汰のブログ更新となってしまいました。
皆様は連休化がお過ごしされていますでしょうか?

先々週土曜日(9月12日)にクリニックを休診にさせていただきまして、スタッフとともに京都で開催されました
摂食嚥下リハビリテーション学会へ行ってきました。

会員数1万人という巨大な学会ですが、それも今後の日本の介護と医療の現場でいかに多くの方々が嚥下障害に直面されているかを物語っているように思います。

会場が複数箇所あり、講演数はポスターを含めれば数え切れないほどです。
学会の様子(ごく一部の会場ですが。)



上記写真は
 ‐緝消化管疾患と嚥下障害
◆―儻紊留浜楷浜
の演題の会場風景です。
単に摂食した食物が喉をどう通過しましたというレベルではなく、その栄養がどう体に生きていくのか。また通過した後の食物の辿るべき道程はどうなっているのかなどを学ぶことができました。



数あるポスター発表会場の一部の写真です。
当院 尼崎勤務の中村先生が移っておられます。

この他、協賛企業のブースも多くあり口腔ケアグッズ、新作嚥下補助食の紹介、嚥下内視鏡、食事介助用に開発された車いす、ベッドなど数多くの新商品が展示されていました。

医師 看護師 歯科衛生士 介護士 言語聴覚士 理学療法士 作業療法士 歯科医師など多くの職種の先生方が熱く学んでおられましたが、各企業様も現場の目線に立った新商品開発に熱くなられておられました。

この領域で熱くなる職種が多くなるほど、療養生活が少しでも充実させられる方が増えると思います。
微力ではありますが私もこの地で多くを学び地域還元できるよう努めてまいります。
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 08:32 | comments(0) | - | pookmark |
とある施設にて。
続けて投稿いたします。
実は吸引研修を行った一方で、連携施設にて講習会を行ってきました。
歯科が関わる摂食嚥下障害および誤嚥性肺炎という内容です。


 仝腔での処理を終えた食物がどう喉に流れ、食道へと進んでいくのか
◆仝腔ケアを行うとどのような理由で肺炎を予防できると考えられているのか

を軸に1時間ほどでお話しさせていただきました。
みなさま、通常業務の多くおありの中でしっかり聞いていいただき、またご質問まで
頂戴いたしました。
これを機に、口腔ケアの実際、食事介助への意識など口腔にまつわる云々が利用者の方に接するすべての職種の方に共通認識が芽生えより療養生活を充実できるように
歯科も貢献できればと考えています。


すべては利用者、地域の住民の方の充実した療養生活をサポートするために。
在宅に関わる多くの方々がそこを常に考えていると思います。
ヒロデンタルの存在意義は、職種間連携をより摩擦なく行い、口腔領域を通じてその方の全人的サポートを行うことにあると思います。
ヒロデンタルクリニック 2年目 ますますスタッフとともにこれからも頑張っていきます。


 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 16:54 | comments(1) | - | pookmark |
当院で研修会を行いました!
大変長らく更新できていませんでした。
申し訳ありません。(ばたばたとしておりました。まだばたばたしているのですが…)

当院も一年が経ち、多職種の先生方と連携させていただき、いろいろと勉強をさせていただいています。今回は歯科衛生士向けの吸引研修会を開催いたしました。



在宅医療が地域で需要を増している中、どのように患者様の生活の安全を保ち
充実した療養生活をご自宅でお過ごしいただけるかを多職種の先生方がチームを組んで
試行錯誤されています。
そんな中、我々歯科従事者がすべきことはなにか。
誤嚥性肺炎予防としての口腔ケア、およびその際に分泌した唾液、スポンジから溢出した水分の回収を目的とした吸引、嚥下機能低下予防・口腔機能維持を目的とした筋リハビリなどあると考えます。


これから歯科も地域連携医療に参加し、在宅医療へさらに貢献できるようこれからもヒロデンタルクリニックの取り組みを充実させていきたいと思います。

ブログが停滞することもありますが、馬力をもって活動していますのでぜひとも愛護的に
応援いただければ幸いです。

 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 16:41 | comments(0) | - | pookmark |
豊能を盛り上げる会
初雪が降る中、豊能地区を支えていこうと立ち上がった熱い先生方と交流会をしてきました。
昨年の11月中旬に循環器病研究センターで開催された豊能地区維持期検討部会でお会いした先生方と新年会と称して千里中央で熱く語り合って来ました。


箕面市立病院、関西リハビリテーション病院、やわら訪問看護ステーションなど様々な病院関係者が思いのままに熱く語り合って今後、急性期を越えてこられた地域の方々に職種連携を充実させ、いかに最大の利益をもたらすかを模索しています。
(ちなみに…私も含めて最後までしつこく語っていたメンバーのみが写真に出ています。
 他の数名は終電の関係で先に帰られていました。)
2025年には日本を支えてこられた団塊の世代の先輩方が後期高齢者となられます。
(私の両親もそうですが。)
病院、施設数が今から劇的に増加することは今の日本の政策にはありません。むしろ、極力ご自宅で生活をしながら、必要な医療や介護を受けられるシステム作りが軸となっています。
その時に、一人一人の地域住民を支える複数の職種が互いに顔の見れない関係では利用者様に最大の利益は捻出できません。
いたるところでいかにしてこの垣根をなくしていこうかというのが課題となっています。
我々もより多くの関係者の方々をお誘いしネットワークを広げていこうと思います。
ブログを読んでいただいた方で盛り上げに興味のある方は私にメールでお問い合わせ頂ければと思います。

 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 15:04 | comments(0) | - | pookmark |
豊能地区維持期検討部会に参加してきました。
1月15日 医療法人 篤友会 関西リハビリテーション病院 主催の豊能地区維持期検討部会に出席してきました。同医療法人の坂本病院内で行われた検討部会は、ケアマネージャーを多く含む100人規模で開催されました。
維持期?と思われる方も多いかと思いますので、簡単にご説明いたします。
脳梗塞や脳出血などいわゆる脳卒中を発症された患者様が経過した時間や、改善していく症状に応じ
 ゝ淦期 ◆)性期(回復期 維持期)
へとステージをたどり社会復帰をゴールとします。
今回の維持期検討部会というのは、急性期病院などを退院され、リハビリ病院、施設、自宅へとステージ移行していく中で、各ステージ間、患者様を中心に連携し合う多職種間において、原因疾患を始め、その方に関する病気や状態、体の機能を正確に評価し、それを共有することで、より適切で迅速な医療対応の実現を目指す部会です。
この度、プレゼンターのお一人 国立循環器病研究センター 脳神経内科医師より、新たに改訂される「脳卒中ノート」の資料配布がありましたのでご紹介いたします。
 ー己管理手帳


患者様やご家族様に記入していただき、各個人の情報をいち早く採取する目的で使用します。
一部写真を載せます。



この他にも、現在治療中の疾患、日々の血圧や血糖値などを記載するページがあります。
◆‐霾鷆νファイル


こちらは、急性期病院に入院されていた時点での全身的状態、運動機能などの評価から始まり、
回復期、維持期、在宅期へと移行していく中でその都度、必要事項を記載してステージ連携を実現する目的で使用します。


急性期退院時の状態の評価シートです。原因となった脳血管、麻痺有無、失語・高次脳機能障害・嚥下障害の有無、患者及びご家族の社会復帰への希望などを記載するページです。

回復期では嚥下機能がさらに詳しく評価されます。その方の可能な栄養摂取法、及び安全な食事の形態等を評価するページです。
「嚥下」これは単に喉から食道へ摂取物が流れていく瞬間ではなく、(広義では)食物と判断し、食器を使い口まで運び、咀嚼して味わって飲み込む一連の動作です。
故に、より多くの職種が専門を持ち寄り評価することが求められると考えます。


これは急性期の時点で評価される口の状態、機能評価です。また、専門職によるケアやマッサージがなされているかなどを記載します。

ついで、こちらが回復期における同評価シートです。
口だけでなく、患者様の全身的状態、獲得している運動機能を適切に評価し、最大限その機能を使う生活環境を整備していくことがこれからの急性期から在宅期までに関わる医療機関の宿命と思います。
私も一歯科医師としてより密に多職種の先生方と連携し適切で、充実した医療を患者様に提供できるよう頑張っていきたいと思います。

 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | クリニック情報 | 13:20 | comments(0) | - | pookmark |
人生初のマラソン大会。
遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。
また、ブログの更新が2ヶ月と空いてしまい申し訳ありません。(イベントはたくさんあるのですが…)
昨日、新春 高槻シティーハーフマラソン(10KM 男子の部)に参加してきました。


学生時代は球技を中心にスポーツ全般が大好きだったのですが、このマラソンだけは昔から苦手でした。
この度、そんな私がマラソンに参加したのは、アリス千里のマラソンメンバーにお誘いいただきたのがきっかけです。
私も35歳になり、めっきり運動をしなくなりましたので、そろそろ健康を意識しようかと考えているところでした。
しかし、あまりの体重増加に体が耐えられるか不安がありましたので過去のように「根性だめし」といった考えは捨て、景色を楽しみながら有酸素運動を意識する気持ちで挑んできました、。


人生で10Kmに挑んだことがなかったのですが、沿道からの力強い応援もあり無事完走できました!
順位はかなり後ろの方ですが、これを期に少しずつトレーニングを積んで頑張っていこうと思います。
また、ブログもどんどん更新していこうと思いますのでかさねてよろしくお願いいたします。

 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 08:06 | comments(0) | - | pookmark |
六甲山 のぼってきました。
秋晴れの六甲山に行ってきました。豊中ファミリー山岳部のみなさんといぶき歯科の伊吹先生、三浦先生、中村先生、伊丹の小屋先生とともに。
阪急 芦屋川で下車しそこから山頂まで約930mm。


いよいよ出発です。当時は非常に空が高く雲もほとんどない絶好の山日でした。
私は登山経験もなく初めて登る立場だったのですが、意外に六甲山は岩肌もあり、大変でした。



まだまだ閑静な住宅街が続き、気分もわくわくしている段階です。このあたりの芦屋川は非常に水がきれいで澄んでいました。

いよいよロックガーデンの案内板が。下車してからひたすら登り。山に入るまでに結構あせもかきました。

滝で無事を祈った後いよいよ入山。このころには汗だくで一枚上着を脱ぎました。

写真を撮る余裕もなくなり気が付けば結構登ってきました。
ただまだまだ、半合以下といわれ若干後悔もしました。
何がというと、実は小さなリュックサックには山頂で交わす勝利の美酒を一升入れており
それが肩にずっしり。非常に後悔しました。。。

よくわからないうちにずいぶんと登り平坦な休憩場に到着。

豊中ファミリーの山ガールのみなさんと、おっちゃんたちの我々。
ここの景色はこんな感じです。


こんなに登ったことだし、普段車で山頂まで行きテラスで見る景色に似ていることからそろそろ山頂と思っていたのですが、まだこの後に一登りも二登りもありようやく山頂。

豊中ファミリー理事長も交えて。(豊中ファミリー理事長と伊吹先生は同い年の山岳部。元気が違いました。)

のぼった皆さんとともに。この後、車で山頂にいかれたみなさんと合流するためバーベキュー会場へ。いよいよ、重かった一升瓶から解放されると思いました。

テラス下にある公園内の池。初めて行きましたが非常に流れる時間が穏やかでおちつく公園でした。

いよいよバーベキューです。帰りの重さを考えて皆さんにご協力いただき、無事一升瓶は空瓶になりました。体中の細胞が日本酒を奪いあうかのうようにスーッと吸収されていきました。
帰りは文明の力をお借りしロープーウェイで。



有馬側に下山し、温泉に入り高速バスで千里まで帰ってきました。
疲れはしましたが、久々にからだを動かし、バーベキューもできて非常に楽しい一日となりました。
次回からはパック酒で登山をしようとひそかに考えました。
企画していただいた山部の皆様ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

 
ヒロデンタルクリニック・アリス箕面 | その他情報 | 11:56 | comments(0) | - | pookmark |
1/4PAGES | >> |